歯茎のホワイトニング


一般的にホワイトニング治療というと、歯の治療を連想しますが、歯茎のホワイトニング治療もあります。白く綺麗な歯は、周りの人に透明感と清潔感をイメージさせる事から、好印象を与えます。しかし、いくら白くて綺麗な歯でも、歯茎が黒ずんでいたらどうでしょう。不健康な印象を与えてしまいます。また、歯が白い事で、歯茎の黒ずみも余計に目立ってしまいます。ここでは、歯茎のホワイトニング治療に関する事について、ご説明します。

治療の流れとしては、施術前にまず、歯のクリーニングを行います。虫歯や歯周病などがある場合は、薬剤が染みたり、悪化する恐れがあるので、先にそちらを治療します。また、同時に歯石や歯垢も取り除きます。歯のホワイトニングと同様に、歯茎もベストコンディションの状態にして、治療に入ります。

治療はまず、歯茎の表面を乾燥させ、その後表面麻酔を施します。麻酔の効果が表れてきたら、麻酔薬を綺麗に洗い流し、ホワイトニング剤を塗布していきます。歯茎が徐々に白くなってきたら、無水アルコールで中和して、その日の治療は終了します。その後、3日から7日経つと、歯茎に薄いかさぶたのような膜が出てきて、この膜がはがれると、ピンク色の新しい歯茎が出てきます。黒ずみが消えていなかった場合は、再度ホワイトニング治療を行います。

大阪心斎橋のホワイトニング治療院では実際にスタッフの歯茎にホワイトニング治療を行って白くなる様子を写真で説明しています。煙草のヤニが落ちて綺麗なピンク色なった歯茎は健康的でとても魅力的です。ホワイトニング治療の歯茎のホワイトニング効果は1回で大きな効果を得られます。その為時間のない人でも、取り組みやすいです。